美容クリニックでいぼ切除をしよう!最先端の治療プランを提供

サイトメニュー

選択肢は多いようで少ない

女性

凍結とレーザーが主流です

いぼにはウイルスが原因のものや身体に圧力がかかって組織が変質したものなどいくつもの種類がありますが、それらに共通して対応できる治療は、液体窒素を使用した方法です。身体の組織を壊死させるので、たとえウイルスにかかっていようが関係ありません。その有効性で、治療に使用する機械の発展が著しい現代においても第一線から退くことなく、多くのクリニックで用いられている方法です。患部の組織を完全に壊死させるには複数回施術を繰り返す必要があり、いぼを取り除いた後はケアを続けて身体が新しい組織を作るまで待ちます。そして液体窒素に次ぐ勢いなのがレーザーを使用した方法で、比較てき新しいタイプです。いくつかあるレーザーの中でいぼに対しては、身体の水分に反応して周囲の組織を蒸散させる炭酸ガスタイプが主に用いられます。非常に強力なのが特徴ですが、血管に触れると出血を伴うことがあります。ただいぼの深度にも左右されるので、規模が小さければその可能性も減ります。またレーザーは液体窒素とは異なり、効率を高めるために体質やいぼの種類によってタイプを変更することがあります。いぼ治療を受ける際は、最初に保険適用が可能かどうかを考えなければなりません。主流である液体窒素はもちろん適用可能で、レーザーも美容目的でなければ保険が有効です。ウイルスを伴うことが多いいぼが美容面だけに影響を与えることは少ないですが、念のため確認しておいた方が良いでしょう。液体窒素は麻酔もかけないため、子どものような敏感な肌の人では続けられないこともあります。そのような場合は、麻酔を使用したレーザー治療を受けたいと医師に言うと良いです。その他にもメスでの切除や飲み薬も保険が効きますが、これは液体窒素やレーザーでは取りきれないほどしぶといいぼに対して行なわれると考えてください。そのような理由から、多くのクリニックではまず液体窒素やレーザーでの治療が勧められるでしょう。痛みの少ない方法としては塗り薬を処方してもらうなどの選択肢がありますが、保険の適用範囲外です。費用を抑えながらいぼを取るには、多少の痛みは我慢しなければなりません。いぼは小さければそれだけ取り除くのが簡単なので、数が増えてしまったり規模が大きくなったりする前に施術を受けた方が賢明です。

Copyright© 2019 美容クリニックでいぼ切除をしよう!最先端の治療プランを提供 All Rights Reserved.